平成19年10月27日(土)、『E-パネット懇話会』が開催されました。
日本環境製造株式会社が世話人で、当日は台風接近という悪天候にもかかわらず型枠施工会社様15社18名、また『E-パネットマイスター』授与者及び特別招待者、日本環境製造社員など合わせて約55人以上の参加者が集い盛大に開催されました。

 

ウェルカム・ジャズミュージックが生演奏される中、発会式がスタートしました。まず、はじめに弊社代表の鎌田より、参集御礼のご挨拶と、引き続き日本環境製造株式会社の会社概要、経営理念、品質方針、E-パネットの開発コンセプトなどをプロジェクター映写を加えて、簡潔にご説明させていただきました。
更に弊社業務推進室長の仙石より、発会した『E-パネット懇話会』の目的や活動内容の説明をいたしました。

 

そして弊社各部署の部長及び室長より社員紹介を行いました。加えてこの9月から弊社が受け入れを開始した中国人型枠大工研修生の三人を紹介いたしました。研修生の日本語での挨拶、自己紹介、研修着任までの状況、現場の感想など、片言ながらも一生懸命にメッセージする態度は、会員様たちに感動に近い印象を与え、暖かい声援を受けることが出来ました。研修生受け入れの成功と今後の広がりを確認できるものでした。

 

次に懇話会会員を代表して型枠施工会社社長様に次のような励ましとコメントをいただきました。「合板パネル南洋材の環境問題、労働力不足、省力化の必要性など型枠業界の今後の方向性についての貴社の取り組み並びに大工職人さんを見つめる貴社の姿勢を高く評価します。」

 

 

続いて、中国研修生受け入れ窓口として尽力いただいたアジアンテクノ協同組合 羽鳥信一理事長から、弊社代表 鎌田との長年の親密なお付き合いや前述した中国型枠大工研修生の日本受け入れサポートの実際などの人間味溢れるお話で盛り上がりました。弊社とアジアンテクノ協同組合との密接な事業協力の発展を確信いたしました。

 

さて、いよいよメインイベントの『E-パネットマイスター』認定の表彰盾と金一封の授与式となりました。

スペシャルゲストの格闘家 小比類巻 貴之氏を迎えて、認定者5名へ、小比類巻氏から認定証盾と金一封が手渡されました。

小比類巻氏からはタイで格闘修行中に森林伐採を見たときの非常に憂えた時の感想を語っていただきました。

弊社の環境保全の経営理念に賛同する旨も語っていただきました。

 

さて、各種セレモニーが終了し、飲み物、四川中華料理の数々が運び込まれる中、型枠業界ならびに会員各社、日本環境の更なる発展を祈願して、全員で乾杯。乾杯後にジャズ演奏も始まり、名刺交換や四川料理を賞味したり懇談に花が咲くなど、パーティは絶好調に盛り上がりました。


ジャズ生演奏も女性ヴォーカルが入り、四川料理やアルコールも手伝ってか、皆さんのご機嫌も絶好調となり、パーティは進んでいきました。
小比類巻氏も皆さんとツーショット撮影を快く受け入れてくれ、ほとんどの皆さんが小比類巻氏と写真に納まっていました。これまで名前は知っているが実際名刺交換したことないという方たちも楽しくコミュニケーションをとられていました。会員相互扶助の精神が生かされたパーティだったと確信いたしました。

 

 

(文責:E-パネット懇話会事務局)

 

 
 
Copyright (C) 2009 Nihon Kankyo Seizou. All Rights Reserved.